企業情報
HOME >> 企業情報 >> TOP MESSAGE
ご挨拶
お客様に選ばれる企業へ
NADIXは時代の変化に対応し、常に最適なサービスを提供いたします。
代表取締役社長 中村 浩
私たちNADIXグループは、地域に根ざした事業活動をもとにお客様のニーズに多様にお応えし、お客様から選ばれ、愛される企業になることを理念とし、取り組んでまいりました。
創業当初は、写真の現像、カメラ販売からスタートし、現在は、事務機器販売・メンテナンス事業、オンデマンド印刷事業、OAサプライ事業と、お客様のオフィス環境にご提案できるサービスを幅広く事業展開しております。
これらはすべて、お客様との接点をひとつで終始するのではなく、より太い絆でお客様と結びつき、信頼のおけるグッドパートナーでありたいとの思いからです。
お客様のご期待に沿えるよう、社員一丸となって邁進してまいります。 今後とも、変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。
代表取締役社長 中村 浩
徒然 NOTE BOOK

みなさん、こんにちは。
ここでは、私が普段過ごす中で感じたことなどを書かせていただきたいと思います。
私の中の「素」の気持ちを書き続けていくことで、新たな「何か」が循環できたら・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

第72号(2015年01月)

震災から20年

まもなく【阪神・淡路大震災】から20年が経過します。

20年前、神戸の風景は一変しました。
本当に寒い日の出来事でした。

電気・ガス・水道などのライフラインは勿論、交通網も大打撃。阪神高速は倒壊し、国道2号線・43号線は一部のみ通行可だったため、鉄道は京阪神を結ぶ重要な住民の足でしたが、阪急神戸線は壊滅的な状況でした。


それでも少しずつ、復興に向けて動き出したころも記憶に新しく、
部分開通を繰り返して、ようやく一本の線としてつながるようになりましたが、そこには様々な人たちの様々な出来事があったと聞いています。

全線が再開した日、春の桜並木が美しい夙川を通過していた時のことでした。
おそらく近所の幼稚園に通う園児たちなのでしょう。
電車に向けて横断幕を掲げていました。
その横断幕には【はんきゅうでんしゃ ありがとう】と書かれていたそうです。



それを見た運転手は、園児たちに向けて敬礼をし、警笛を鳴らし「出発進行」と涙声で返したそうです。
車内からも、すすり泣く声があちらこちらから聞こえてきたそうです。


あれからも毎年のように自然災害は発生しています。
深い傷跡、そして再生への希望や感動の軌跡も忘れることなく…日々大切に生きていかなければならないと改めて思います。

by Hiroshi Nakamura
 

第71号(2014年12月)

すべての命

寒さが身に染みる季節になってきました。
この季節、深夜に家路に就くときにいつも思うことがあります。
凍えるような寒空の下で、野良犬や野良猫たちはどうしてるんだろうと。
もしも、出産した直後だったなら子犬や子猫はどうなってしまうのでしょうか。




子供の頃、野良猫の赤ちゃんを見つけて家に連れて帰ったものの、家は商売(写真屋)をしていて飼えないから戻してきなさいと言われたことを思い出します。
段ボール箱にタオルを敷いて、お皿にミルクを入れてやり、夕方暗くなるまでそこから離れられなくて…
次の日に見に行ったら、もういなくなっていました。




そういえば先日、ウミガメの出産から、生まれた子亀が海に戻っていくまでのドキュメンタリーを観ました。
海に戻るまでの100メートル足らずの間で、鳥やカニに次から次へと食べられてしまうのです。
小さな手足で懸命に水辺に向かって駆けていく姿に、「あと少し。頑張れ」と、
応援している自分がいました。
実際に親亀にまで成長できるのは、7%にすぎないそうです。




命あるたくさんの生き物たちは、本能の中で儚くも懸命に生きています。
生きようとしています。
しかし、人間はどうでしょう。
自らその意志をもって命を絶つ(自殺)をする生き物は人間だけとも言われており、 日本は自殺者数世界第13位
年間3万人。
男女比 男性は女性の2.3倍。

 

第70号(2014年11月)

定期的チェックの大切さ

体調が悪くなってから診察を受けると、時として大きい病院へ行くように言われ精密検査を受けたら手遅れだった、なんてことが一昔前にはよくありました。
健康診断も進歩し、PET検査になるとわずか2~3ミリの初期癌でも発見でき、治療することで生存率も大幅に向上してきました。

今や【遺伝子検査】の時代です。
アンジェリナジョリーは、母と叔母を乳癌で亡くしたため、自身の遺伝子検査を実施したところ、将来乳癌になる確率が87%だったそうです。
そこで、彼女は健康な乳房を切除したのです。これによって彼女のリスクは5%未満に軽減されたそうですが、予防切除とは驚きです。

そんなわけで私も遺伝子検査をやってみました。
実に簡単。ネットで購入するとキットが送られてきて、自分の唾液を入れて返送すると2週間程度でネット上で結果が見れるのです。

生活習慣病29項目と8種類の癌について、遺伝子学上、日本人の平均を1として倍率表示されるというものなのですが、結果は…




生活習慣病について言うと、血管の詰まり(心筋梗塞・血栓症)が予想通り高い結果(1.5倍前後)でしたが、ずば抜けて高かったのが加齢黄斑変性という病気で、結果は9.14倍でした。
加齢黄斑変性という病気は目の病気で、欧米では失明原因の第一位だそうです。
癌については、食道癌と肺癌が高リスクと出ました。
まず、血管の詰まりについては、私の父は、50代後半に腹部大動脈瘤で人工バイパス手術を行ったことがあり、74歳の時に肺癌で亡くなりました。
そういう意味ではこの検査は信頼性の高いのかもしれませんね。

人の体も企業も似ているところがあります。
元気な時もあれば、風邪をひくこともあります。
いい加減なことをしていると取り返しのつかない大病になり、手遅れになることだってあります。
健康診断と同様に、自社の方向性が間違っていないかを定期的に検証することはとても大切なことだと改めて思うのでした。

by Hiroshi Nakamura
 

第69号(2014年10月)

コンビニでの不条理

コンビニの店長たちを土下座させて恐喝している動画を、自らネットに公開し逮捕されたグループがいましたね。


24時間営業には色々な危険も伴います。
数人のグループが、店の前に座り込み何時間も帰らないので注意をしたらキレられるわけですから、心身ともに疲れ果てますよね。
ほんとに大変な仕事だと思います.

さて、先日ゴルフバックを、コンビニから宅配便で送ろうと持ち込みました。
ちょうど宅配便の運転手さんが取次ぎ中でした。

ラッキー!!間に合った!

記入用紙に必要事項を書き終え、コンビニの店員さん(ここはいつも個性のあるおばちゃんです)に提出したところ明日の発送になるとのことでした。
(いやいやちょっと待って。今ここに宅配便の運転手さんが居てるやん)

「明日発送でも間に合うし。ここで預かりますやん」と、おばちゃん店員。
コンビニのカウンターの内側は、アイスコーヒーを作るようになって床がベタベタです。
こんなところに置くのは絶対に嫌や!

「運転手さんここに居るんだから間に合うでしょ?」と、やんわり言うと、
「もう私が締め切ったし。それやったら自分で直接言いはったら」と、おばちゃん店員。

(マジかよ~!意味わからん)




運転手さんは預かった荷物をトラックに積み込み始めています。
ゴルフバックを店から担ぎ出して、トラックまで持っていき取次ぎをお願いしたら快く受け付けてくださいました。
「私も立場的に店内では直接受付するわけにもいかんもんで・・・それにしてもひどいですよね」と、運転手さんも苦笑い。

このコンビニ、このおばちゃん以外の店員さんはしょっちゅう辞めていきます。
この日も新人店員さんに怒りながら指導していました。

自宅から近いので頻繁に利用してたけど、
このコンビニには絶対に行くもんか~(>_<)

by Hiroshi Nakamura
 

第68号(2014年09月)

悲しいリアリティ

8月初旬に美和明宏がテレビで対談をしていました。
子供の頃の長崎での被爆体験を生々しく語っていたのですが
むしろ私が一番心の奥底に残ったのは、【被爆】そのものの話のあとに続いて出た話でした。
彼女の両親は長崎でカフェを経営していたそうです。
(今から70年以上前に、カフェを経営というのもすごいなと思いました)

話はここからですが、戦況が悪化するとともにカフェでボーイとして働いていた【さんちゃん】という男の子にも召集令状が届き・・・
皆で長崎駅へ見送りに行った時のこと。




いよいよ列車がゆっくりと動き出したその時、人ごみの一番後ろにいた母親が息子の足元にしがみつき「絶対に死ぬなよ! 元気で帰ってこいよ」と大声で言ったそうです。

それを見ていた憲兵が「馬鹿者!立派に死んで来いだろうが!」と声を荒げて母親を突飛ばし、母親はホームの鉄柱に額をぶつけ顔面血だらけになって気を失い・・・
これが【さんちゃん】が母親を見た最後の姿になったそうです。

【さんちゃん】は、動き出した列車の中や祖国から遠く離れた戦地で、顔面血だらけになった母親のことをどんな気持ちで思っていたかを想像するとたまらなくなります。

結局、【さんちゃん】は戦死したそうです。



当社では、社員がフリーマーケットなど様々な形で募金活動を行い、それらは、日本赤十字・社会福祉協議会・ユニセフ・国境なき医師団などへ毎年寄付をしています。
しかしながら、私達は、悲惨な地域に暮らす人々の実態を理解できているかといえば、新聞などを通じての表面的なものに過ぎません。

今、世界各地で武力紛争が繰り広げられています。
イラク・パレスチナ・ウクライナ・・・一説によると30を超える国(地域)で、そこに住む人々は約23億人。世界人口の3人に1人という数になります。

理由は様々としても、いつも犠牲になるのは罪なき人々であるということを忘れてはいけないと思うのです。そして、ニュースのひとつひとつの向こう側に悲惨なリアリティが存在すること、そこには言葉では語り尽くせないほどの辛い別れ方があるということも。

by Hiroshi Nakamura