企業情報
HOME >> 企業情報 >> TOP MESSAGE
ご挨拶
お客様に選ばれる企業へ
NADIXは時代の変化に対応し、常に最適なサービスを提供いたします。
代表取締役社長 中村 浩
私たちNADIXグループは、地域に根ざした事業活動をもとにお客様のニーズに多様にお応えし、お客様から選ばれ、愛される企業になることを理念とし、取り組んでまいりました。
創業当初は、写真の現像、カメラ販売からスタートし、現在は、事務機器販売・メンテナンス事業、オンデマンド印刷事業、OAサプライ事業と、お客様のオフィス環境にご提案できるサービスを幅広く事業展開しております。
これらはすべて、お客様との接点をひとつで終始するのではなく、より太い絆でお客様と結びつき、信頼のおけるグッドパートナーでありたいとの思いからです。
お客様のご期待に沿えるよう、社員一丸となって邁進してまいります。 今後とも、変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。
代表取締役社長 中村 浩
徒然 NOTE BOOK

みなさん、こんにちは。
ここでは、私が普段過ごす中で感じたことなどを書かせていただきたいと思います。
私の中の「素」の気持ちを書き続けていくことで、新たな「何か」が循環できたら・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

第96号(2017年02月)

自主性

自主性とは・・・自分の判断で行動する態度。
大辞林にはこうあります。

自主性が無い(ゼロ)というと、自分の意志がなく大勢に流されてしか行動できないということになります。
例えるならば、うつろな目で皆と一緒に行動をする「ゾンビ」の群衆に近いのではないでしょうか。
 


自主性が高い人ほど、数々の失敗を経験しているような気がします。
失敗をする一方で、その何倍もの行動を自分の意志で判断し、
経験値を高めながら切り開く力をさらに培い
そしてまたその何倍も、成功への判断力も育てていく・・・
このサイクルが自己成長に繋がっていくのでしょう。
その経験が、意志を明確に持ち他人の考えに流されない確固たるものになっていくのだと思います。

ここで間違えてはいけないことは、行動を伴わない意志。
これこそコメンテイターのような対象者を批判するだけで大勢をかき回す存在です。
(私はこれが大嫌いです)
 

また「自分で考えて行動しろ」と言われ、考え行動した結果間違っていると責められたと卑屈になっていたのでは、到底自主性をもって仕事をしているとは言えないようにも思います。

仕事をしながら人と接していると、ふと思うのです。
数々の経験から成長へのプロセスを学ぶことで自らの意志をもって行動する人というのは、どことなく懐の広さを感じさせます。
きっと経験の中からの独自の判断力や発言、行動、仕事観ごと人を魅きつけていくのでしょう。
そういう人と共感ができる人間がどんどん集まり、会社の機動力となっていくことは、底知れない力を生み出していくようにも思います。

しかし、究極までに強い意志を兼ね備えてる人は少ないでしょう。
一方逆に、意志ゼロのゾンビ人間なども存在しません。
だからこう思うのです。例えば、一年の中で「意志ある行動」をどれだけ増やしていくことができるかだと。
「考えて仕事をし、成功を勝ち取る意志を持ち続けること」を自らがリーダーシップをとるイメージで進むことが大切だと思うのです。

当社は間もなく決算の締めになります。
そしてまた来月から新しい事業年度のスタートとなります。

強い意志で何かを切り開けるリーダーは、誰よりも自分自身だと信じてほしいものです。


Hiroshi Nakamura

 

第95号(2017年01月)

成長への挑戦

皆様、新年明けましておめでとうございます。

当社は1960年5月に創業し、その後有限会社を経て、1973年12月24日(クリスマスイヴ)に株式会社となりました。皆様のおかげをもちまして創業56年(株式会社変更後43年)を迎えることができました。改めまして、心より深く御礼申し上げます。


昨年は、マイナス金利政策や英国のEU離脱、またアメリカ大統領選等の影響もあり、一年を通して予測困難な市場環境でありましたが、今年もその流れが続くものと思われます。

このような中、当社は昨年6月と8月に、新たに東京において2社をグループ化いたしました。
想像以上に変化する環境は「チャンス」でもあり、そのためにもしっかりと目の前の課題をクリアし、更なる成長へのステップアップに挑戦することで、これまで以上に全社員がお客様のお役に立てますよう取り組んでまいりますので、本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。


by Hiroshi Nakamura

 

第94号(2016年12月)

クリスマス前の贈りもの

もうすぐクリスマス。
いつも女子社員が社内の飾りつけをしてくれます。
多忙な中でも、この飾りつけを見ると本当に心が和みます。

今年もクリスマス前のあたたかな贈りものに
感謝しています。。。




by Hiroshi Nakamura

 

第93号(2016年12月)

想い、変わらず。

今年もわずかとなり、机や書庫の片づけをしました。
懐かしいものが出てくると、つい手が止まり捨てることを躊躇し一向に進みません。

さて、今から15年前のことです。
第一生命が100周年を迎えるにあたり「社長の想い」という冊子を発行することとなり私にも投稿の依頼をいただき一言添えた本が出てきました。
当時42歳だった私は、精一杯全力で走っていました。そんな事を思い出し改めて今日という一日を大切にしたいと思います。



by Hiroshi Nakamura

 

第92号(2016年11月)

目先ではなく未来を

いわゆる“年金カット法案”が採決されました。
 この法案は、物価と賃金で下落幅がより大きいほうに合わせて年金も減額するというもので、いずれにせよ下がるということです。

消費税増税が見送られ様々なところにひずみが生じてくることだと思います。
近い将来、一人の現役世代が一人の年金受給者を支える時がやってきます。


北欧が相対的に福祉が安定している理由は消費税の高さにあります。
デンマーク・ノルウェー・スウェーデンは消費税率25%。
にも拘らずデンマークの首都コペンハーゲンは住みやすい都市世界一に選ばれました。
貧困率の低さ世界1位。
報道の自由度世界3位。
子供の幸福度6位。
汚職の少なさ1位。


ある調査によると82%の人が「人生がうまくいっている」と回答し、「人生が辛い」と答えたのはわずかに1%だったそうです。
所得税は42~56パーセントにもなり、直接税と間接税を足すと、58~72パーセントの負担となるそうです。
その代わり安定した福祉を手に入れることができるのです。
何よりも目を引いたのは、96パーセントの人が「必要が生じた時に頼れる人がいる」と回答したことです。


自分にとって痛みの伴うことは受け入れ難いというのは普通のことかもしれません。
しかし、現実を見てこの国の将来のために何を受け入れるかを真剣に考える時なのかもしれませんね。
とにかく反対だけの政党に未来を託す気持ちにだけはなれないなぁ・・・


by Hiroshi Nakamura