企業情報
HOME >> 企業情報 >> TOP MESSAGE
ご挨拶
お客様に選ばれる企業へ
NADIXは時代の変化に対応し、常に最適なサービスを提供いたします。
代表取締役社長 中村 浩
私たちNADIXグループは、地域に根ざした事業活動をもとにお客様のニーズに多様にお応えし、お客様から選ばれ、愛される企業になることを理念とし、取り組んでまいりました。
創業当初は、写真の現像、カメラ販売からスタートし、現在は、事務機器販売・メンテナンス事業、オンデマンド印刷事業、OAサプライ事業と、お客様のオフィス環境にご提案できるサービスを幅広く事業展開しております。
これらはすべて、お客様との接点をひとつで終始するのではなく、より太い絆でお客様と結びつき、信頼のおけるグッドパートナーでありたいとの思いからです。
お客様のご期待に沿えるよう、社員一丸となって邁進してまいります。 今後とも、変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。
代表取締役社長 中村 浩
徒然 NOTE BOOK

みなさん、こんにちは。
ここでは、私が普段過ごす中で感じたことなどを書かせていただきたいと思います。
私の中の「素」の気持ちを書き続けていくことで、新たな「何か」が循環できたら・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

第109号(2018年05月)

変化に対応するということ

先日ホーチミン(かつてのサイゴン)へ行ってきました。
ベトナムへは今回で三度目になりますが、行くたびに街並みの変化にこの国の勢いを感じます。(まもなく80階を超えるビルが完成すると聞きました)
この国は輸入品に対する関税が高く、100CC以下のスクーターでも70万円。
車となるとカローラクラスで400万円と日本の約3倍です。
しかしながらベトナムはバイクの保有台数世界一で、ホーチミンの人口は増加の一途をたどり1000万人を突破したそうです。


人口が増加し、若い世代が増えるのは国の発展には不可欠なことで、近い将来、この国は日本の経済力に追いつき追い越していくことを確信しました。

一方で、今、日本では多くの中小企業で後継者問題を抱えています。
国内だけでも5万店舗を超えるまでになったコンビニや、楽天やアマゾンなどのネットショップが出現し、中小企業のビジネス環境は大きく変化し続けています。
工夫しなくてもモノが売れた時代を経験してきた経営者にとって、時間だけが経過して解決方法を見出せないというのが実情でしょう。

中長期的には、人口減少に伴う労働生産や消費が低下する事は間違いありません。
これに伴い企業数も減少せざるを得ません。

しかし、必ず生き残る企業もあるのです。
それは、イノベーションを起こせるかどうかです。
しかも今までにない発想で、自社にとって最適な方法をトップ自らが考え全社員に伝えられるかだと思います。

ベトナムの活気を目の当たりにして、元気を貰うと同時に、これから自分のすべきことが少し見えてきた気がしました。


by Hiroshi Nakamura

 

第108号(2018年03月)

今はただ…

この一週間、身体も心もフル回転した。

眠れなく睡眠導入剤に頼った。

何年ぶりだろうか、声を上げて怒りをぶつけた日もあった。

涙が止まらない数日を過ごしもした。

人生を見つめ直しもした。

こんな時に限って異常な多忙な毎日。

眠りたい…

自分の力の無さを感じると、人はこんなに痛んでいくのかと思い知らされた。

だけど明日はまたやってくる。


by Hiroshi Nakamura

 

第107号(2018年02月)

原点に返り全てのことに感謝

羽生結弦の五輪連覇。
高木姉妹によるメダルラッシュ。
個々のタイムでは絶対にオランダには勝てないパシュートの金メダル獲得。
小平奈緒と2位に終わったイ・サンファンの互いを称えあう友情。
いつも笑顔のカーリング女子による初のメダル獲得。
今回のオリンピックではたくさんの感動をもらいました。

このオリンピック選手たちに共通しているのは【感謝しています】という言葉です。
感動を貰ったのはこちらなのにどうすればこんな言葉が出てくるのだろうとも思いました。


一方、私たち人間は、たくさんの弱い一面を持っています。
時として、常に周りのせいにして目の前の課題から逃げている時には【感謝】の気持ちが欠落しているのでしょう。
常に不満を口にしている時には、同じ価値観の人が集まり負のオーラを放ちます。
何故だか不満を口にしても孤立化しないから厄介なのです。

反対に、助けてあげたくなる人とはどんな人なんでしょう。
その人からは、自分の取り巻く環境や人に対して普段から【感謝】の気持ちが出ています。

生きていればストレスの連続です。
人生そういうものなのです。
嬉しい時もあれば辛い時もあります。
辛い今に不満を吐きながら、周りの誰かを巻き込んでみても何一つ変わらないことは
自分自身が一番分かっています。


だからこそ自分を再点検して、
【原点に返り全てのことに感謝する】
ことに意識して日々を生きることが大切に思います。

そうすれば、
周りからの信頼が広がり、組織にはチームワークが生まれ、
目的が明確になり、迷いが消え、
目標に向かって何をすべきかを考え行動できるようになるはずです。

きっと人生も少しずつ楽しく感じられるような気がします。

生まれてきた時に元気に産声を上げてくれただけで【感謝】した、初めて親となった時の気持ち。
自分のために両親が一生懸命に尽くしてくれた時に感じた【感謝】の気持ち。


「ありがとう」という言葉を素直に使える自分でありたいと思います。


 by Hiroshi Nakamura

 

第106号(2018年01月)

傲慢さと寛容さ

トランプアメリカ大統領の暴露本が発売と同時に飛ぶように売れていると言うニュースを見ました。

今や世界では、自国ナンバーワンという考え方が平然と語られるようになりました。

日本でも【〇〇ファースト】と言う言葉が盛んに使われるようになりましたが、
自分たちが1番。第一主義
反発するものは敵
強いものが勝つ
一見当たり前のように聞こえますが、資本主義と民主主義があらゆる部分で混在してしまっているように思えてなりません。

少し目線をずらして自分たちの欠けているものは何なのかという発想で物事を考えるようになったならば、自らの足りない部分を認めることで、相手を敬う気持ちが生まれてくるのではないでしょうか?

万が一、北朝鮮が核兵器を使用したり、アメリカ領事館のエルサレム移転が実際に行われたり、石油産出国からの原油の輸出が滞ったりしたなら、ギリギリで保たれている国際情勢は一気にバランスを崩して恐ろしい方向へ進んでいくことでしょう。

地球上に生命が誕生して以来、真に意味のない殺し合いをしてきたのはおそらく人間だけでは無いでしょうか?

譲り合う気持ち、思いやる気持ち、自身が傲慢になっていないか反省する気持ちはいつの頃からこんなにも希薄になってしまったのでしょうか。

子供の頃、今は無くなった宝塚ファミリーランドによく連れて行ってもらいました。
そこには、【世界は1つ】と言うアトラクションがあり、とても心がときめき言い表せない朗らかな気持ちになったことを思い出します。


by Hiroshi Nakamura

 

第105号(2017年12月)

45周年マイナス1

会社には幾つかの歴史の節目が有ります。
創業、株式会社としての登記設立、自社ビル所有、売り上げが1億や10億、20億などの大台に乗るなどです。
このような、将来、過去を振り返った時に記録として残るものは、その時の時代背景や気持ちを思い起こさせます。

有限会社としてスタートしたNADIX株式会社(株式会社ナカムラ)が株式会社として登記設立したのは、昭和48年12月24日のことでした。
この年のクリスマスイヴは、両親にとって思い出深い一日だったことと想像します。


2017年、今年も僅かとなりました。
またクリスマスイヴがやってきます。
こうして無事に一年を終えられるのも社員のお陰です。
何か気持ちだけでもお礼をすることにしました。
ちょうど今年は設立45年(創業57年)の節目の年だし・・・。


金一封とメッセージカード。
明日渡します。
皆んな喜んでくれるかなぁ。
額が僅かなので、メッセージもちょっと軽く行きました。
子供の頃、サンタがいると信じて、プレゼントをもらった嬉しい気持ちを思い出してくれて、そんな社員の笑顔が見れたなら幸せです。

準備してから気付きました。
今年は設立44年。なんと1年間違ってました。
45周年のイラストに急遽【イヴ】の文字を追加です。
年度も【イヴ】なら、日付も【イヴ】ってことで何かいい感じ(^^)/


45年-1ってことで・・・


急遽【プレ】を追加した封筒


by Hiroshi Nakamura