企業情報
HOME >> 企業情報 >> TOP MESSAGE
ご挨拶
お客様に選ばれる企業へ
NADIXは時代の変化に対応し、常に最適なサービスを提供いたします。
代表取締役社長 中村 浩
私たちNADIXグループは、地域に根ざした事業活動をもとにお客様のニーズに多様にお応えし、お客様から選ばれ、愛される企業になることを理念とし、取り組んでまいりました。
創業当初は、写真の現像、カメラ販売からスタートし、現在は、事務機器販売・メンテナンス事業、オンデマンド印刷事業、OAサプライ事業と、お客様のオフィス環境にご提案できるサービスを幅広く事業展開しております。
これらはすべて、お客様との接点をひとつで終始するのではなく、より太い絆でお客様と結びつき、信頼のおけるグッドパートナーでありたいとの思いからです。
お客様のご期待に沿えるよう、社員一丸となって邁進してまいります。 今後とも、変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。
代表取締役社長 中村 浩
徒然 NOTE BOOK

みなさん、こんにちは。
ここでは、私が普段過ごす中で感じたことなどを書かせていただきたいと思います。
私の中の「素」の気持ちを書き続けていくことで、新たな「何か」が循環できたら・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

第118号(2019年02月)

風潮と現実と経営

1950年代から1960年代にかけて、日本が戦後成長期に入った頃、いわゆる【集団就職】と呼ばれる地方出身の若者たちが大量に都会へと出て就職した時代がありました。
東京の多くのビルが建設出来たのも彼らの労働力があったからでしょう。

1960年代から1970年代、日本の経済を担っていた高度経済成長期以降のサラリーマンは、家庭を顧みず、会社のために働くがことが当たり前の時代があり、彼らのことを【モーレツ社員】と呼んでいました。
売り上げ倍増を掲げたり、深夜1時から営業会議など今では考えられない職場環境であった一方で日本は大きく成長を遂げて行きました。

1980年代半ばから1990年代初めにかけて日本は異変を起こし出します。
【バブル景気】です。
株も土地も買えば必ず上がり、銀行は幾らでも融資を行い億万長者が続々と現れました。
夜の銀座でタクシーを止めるには一万円札を見せながら手を挙げなければ乗れないなんて嘘のような本当の話は有名です。
この頃からコツコツと働くという概念が変わってきたのでしょう。

上がれば下がります。
いわゆるバブル崩壊です。
その後リーマンショックなどもあり、約20年に渡る景気後退の時代に突入しました。
まさかの銀行や証券会社が倒産したり、リストラが横行し大量の失業者が発生しました。
公園や河川敷にはダンボールやブルーシートに身を包む路上生活者で溢れました。

気付けば日本は高齢化が進み、ロシア、中国などにも経済力で追い抜かれていたのです。
あえて正社員にならない若者たちがフリーターとしてサービス産業を支えています。

景気は再び上昇局面を迎え、新卒内定率は過去最高を更新し続けています。


働き方改革の名の下に、労使環境も過敏なまでに変化してきています。

ステップアップ、自己成長などの言葉で転職活動することが当たり前の人たちが出現しています。


一方で再び変化の兆候が現れてきました。新聞の経済欄には【景気の踊り場】【景気後退を予想する経営者】などのタイトルを目にする頻度が日増しに増えてきたのです。
おそらく、構造改革という名を借りて再びリストラが出だすのでしょう。
その証拠に、富士通の2850人、NEC2170人、エーザイ300人、コカ・コーラ700人と今年に入り1カ月余りで次から次へと人員削減が発表されだしました。
この人達やご家族は、入社した当時には【安定】と【好条件】を手に入れ頑張ってこられたことでしょう。

景気が下降すると、石にしがみついてもリストラ対象とならないよう目立たず逆らわず。
景気が良くなれば、転職が美学かのようにいくつもの会社を渡り歩く。

いくつかの時代を経験してきた私にとっては、なんだか切なく、何が正しいのかという判断基準が正直最近分からなくなってきました。【情と理のバランス】を保つことが大切だと常に自分に問いかけてきたつもりですが…

新たな価値判断で雇用を含めて経営というものを見直して行こうとも思いましたがやめました。
何故ならば、この会社を何十年と支えてきてくれた社員たちが、今日のこの日もコツコツと自分の使命を果たしてくれている姿を見て、少しぐらついた迷いが吹き飛んだからです。

真に会社や仲間、お客様のことを思い、いくつもの苦難を会社と共に乗り越えてきてくれた社員を大切に出来ない会社経営などあり得ません。
ここに私にとっての経営の答えがありました。


by Hiroshi Nakamura

 

第117号(2019年01月)

2018年度 個人的ニュース

2018年度 個人的ニュースです。
(順番は特に関係ありません。)


年末ジャンボ宝くじ
一昨年は生まれて初めての男買い10万円購入するも当選換金額19,000円に終わる。
還元率19%ならまだいい方だと自分を慰める。
今年は3万円に緊縮。当選番号チェックは1月3連休の予定。(高額当選してたら顔に出ていると思うのですぐにばれると思う)


甲子園観戦1勝1敗
昨シーズンは甲子園での戦績は、全日程62試合に対して21勝39敗2分の勝率.3割5分と悲惨な中、貴重な21勝のうちの1勝が観れた!


ゴルフ成績年間平均102と2年連続100を切れず
過去ベストスコア80も出したのに、年々飛ばず、曲がる、トップにダフり、最後は入らず…
あーゴルフ販売会社の社長としてはコンペに参加するのも苦痛な一年だった。


オーダースーツ&シャツを作った際
スーツの内側とワイシャツの腕の部分に【NADIX.co.jp】と刺繍する。
なんか妙に嬉しかった!


体重が・・・
年間最低と最高値の差が3キロ【±1.5キロ】と超安定。
スーツのパンツのウエストで全く苦労せずに済んだ。


5年間無違反で次回はついにゴールド!かと思いきや・・・
年末に携帯で違反!夢のゴールド免許遠のく
(一応切符切られてるところを記念に撮っておきました)


母が大腿骨骨折、手術、入院、リハビリそして…
奇跡の復活を遂げる。
恐るべし93歳!
益々元気でいてくれてありがとう
(入院中に誕生日お祝い)


サプリメント一年以上服用続けた結果・・・
血管を強くするカルピスのサプリメントは効果あり!
末梢血管の冷えが無くなったのと血圧は正常値に。
その他DHAのサプリメントは脳の劣化防止を信じ服用続けるも
今のところどんどん物忘れが酷くなってきたような…
そう、9月にサプリメントのネット通販会社を買収したのも昨年でした
禁煙に成功して3年。これが一番効果があったかも…年間15万円助かり!


株はもうやらないと誓ったのに…
数年ぶりに新規公開株でチョット利益が
出たもんだからついつい…
結局年間通算では損失出して売れずに年越しした。


7年半ぶりに車を乗り換える
フルモデルチェンジレクサスLS500h  いつかは白の皮シートに・・・の夢実現!
色移りするためジーンズで乗るのも厳禁と言われ実用的じゃないけれどカッコイイ


こうやって改めて読み返してみると、地震や台風の被害にも遭いましたがとても幸せな1年だったなと思います。

さて2019年。今年は年男です。
慎重によく物事を見極めつつもしっかりと前を向いて突き進んでいきます。

毎年思いますが・・・なんか今年は楽しみな1年になりそうです(^^)



by Hiroshi Nakamura

 

第116号(2018年12月)

歩んできた経営者人生

今年最後のトップメッセージとして相応しい内容かは分かりませんが
感じたままを綴りたいと思います。

携帯でYouTubeを見ながら知らぬ間に寝ることが日課のようになっていました。
昨夜は、そのYouTubeの音で夜中の3時に目が覚めました。
画面では、フォーク・クルセダーズが歌っていた『悲しくてやりきれない』を
映画『あやしい彼女』の劇中歌として多部未華子がとても切なく歌っていました。
気が付くと何回も何回も聴き直していました。

https://www.youtube.com/watch?v=mj0E1gIt3Xc


胸にしみる 空のかがやき
今日も遠くながめ 涙をながす
悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
このやるせないモヤモヤを
だれかに告げようか

白い雲は 流れ流れて
今日も夢はもつれ わびしくゆれる
悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
この限りないむなしさの
救いはないだろうか

深い森の みどりにだかれ
今日も風の唄に しみじみ嘆く
悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
このもえたぎる苦しさは
あしたもつづくのか


思えば平成4年に父から社長を交代し、そのわずか2年後に父は急逝いたしました。
辛いことや、やりきれない気持ちを何度となく経験しました。
経営者は孤独だとはよく言ったもので、誰にも相談できず一人涙したことを昨日のことのように思い出します。
父から受け継いだ会社を、いま素晴らしい社員たちが更に成長させるために、日々努力している姿を
出来ることならば見せたかった・・・


人生の半分を過ごした平成もあとわずかで終わろうとしています。
新しい年に夢と希望を膨らませる一方で、もう少しだけこのままでいてほしいと思うのは私だけでしょうか・・・

by Hiroshi Nakamura

 

第115号(2018年11月)

幸せの価値観

幸せの価値観と言うものは人によってそれぞれ違うことでしょう。
私は子供の頃、毎日が生きているだけで楽しかったような気がします。
虫取り、ザリガニ釣り、木登り、防空壕跡探検、毎日が波瀾万丈でワクワクドキドキでした。
家に帰ってきて晩ご飯が楽しみで、大好きなカレーライスだったら万歳して大騒ぎをして台所に立つ母のエプロンにまとわりつきました。
夜になると、家族5人が狭い部屋に集まってこたつを囲み、我が家の行事【お茶の時間】というのがありました。みんながその日あったちょっとした出来事を話すのです。時に1つのりんごでも、みんなで一緒に食べることが嬉しくて仕方ありませんでした。
今から思えば決して裕福とは言えませんが、これがきっとお金では買うことができない【価値ある幸せ】なのかもしれません。


創業時の写真店の前で、買って
貰ったよそ行きの服での記念写真


大好きだった2軒隣のお好み焼き屋かよこちゃんと

今は、孤独から逃れるために必死に仕事をしている自分が時々怖くなる時があります。
子供の頃、思い描いた大人って今の自分の姿だったのかと考えます。
最近、忙しさに追われ毎日何らかの決断を下す一方で、目の前の今日という日をワクワクしながら一生懸命に過ごした子供の頃の自分を思い出します。

仕事は辛いものなのでしょうか?
人間関係は煩わしいものなのでしょうか?
無邪気な子供の頃の自分は今の自分をどう思うでしょうか?


近くの池でおたまじゃくしGETに大満足(母と)


3軒隣の紳士服仕立て屋のぶーちゃんこと私の子分タケシちゃんと

幼い頃、小さなことに感動し、褒められると有頂天になり、「ありがとう」という言葉を毎日のように使っていたのは間違いなく今の自分です。
いつの間にか物事を複雑に難しく考えることが大人の証だと思うようになったのかもしれません。

今一度原点に返り、日々を大切に、そしてポジティブにワクワクと感動できる自分でありたいと思います。
その思いは必ずや社員にも伝わり、【日々の小さな目標の達成】を大切な仕事ととし、その目標をクリアすることを楽しみながら取り組んでくれると信じています。

今月、35年10カ月で定年を迎える管理部長がいます。
私と年齢も近く共に歩んできた仲間だけに、何とも言えない感慨と寂しさを覚えます。
この会社を本当に長年いろいろな角度から見てきてくれました。
毎日の積み重ねが35年10カ月というとてつもない歴史となったのです。
無事にこの会社で勤め上げてくれたことに敬意を表します。
おそらくは、あと数日後に迎える定年の挨拶では達成感に満ちた笑顔で、お金では買うことのできない彼の【幸せの価値観】を、思いを込めて若い社員に向け語り掛けてくれることと思います。

by Hiroshi Nakamura

 

第114号(2018年10月)

それぞれの「責任の取り方」

プロ野球もクライマックスシリーズに進める3位までのチームが確定しました。
これに伴い、優勝を逃した、あるいはBクラスに低迷したため【責任をとる】という記事とともに多くの監督、コーチの辞任が発表され出しました。


【責任をとる】と言えば、
オリンピックスタジアム建設の費用負担増で、あれだけ騒いだ報道のその後はどうなったのでしょうか?
今や建設進捗の画像さえ、たまにしか見ることがなくなりました。
 
 


築地から豊洲への移転延期と、土壌汚染問題を連日のように報道していたのに、今では築地から大量の行き場を失ったネズミが築地から拡散しないよう対策をしているニュースに変わりました。

 


建設や移転遅れによる大幅なコスト負担の【責任をとる】人はいるのでしょうか?


視聴者の関心が薄れていくと、潮が引いていくかのように何も伝えない報道関係が一番無責任なのかもしれませんね。

新聞各紙によって、偏向報道が繰り返されていても、それが事実だと疑うことなく洗脳され流されていく私たち。

一方ネットでは、様々な意見や考え方を瞬時に知ることで、フィルターをかけながら自分自身の考え方も確立されるため、若者を中心とした新聞離れは当然のことなのかもしれません。
 

何が事実なのか。
また、様々な意見の中で自分の考えをしっかり持つことは、すなわち自分自身に対して【責任をとる】ということなのではないでしょうか。

by Hiroshi Nakamura